2008年12月18日木曜日

次期バージョンでスケジュールのレスポンスを約2倍高速化します!

当社で運用しているGroupSessionはバージョン1のころからのデータがあり、
スケジュールの件数も数十万件に達しています。

またサーバもあえてスペックの低いPCで運用しています。
※どこの処理が遅いのか直ぐに発見できる様にするためです
※サーバスペックはCPU:P4 1.8G,MEM:1GB, HD80GB,OS:Centos5

最近は来春に公開予定の新製品の社内運用が始まり、
サーバにかなりの負荷がかかりレスポンスが悪くなってきました。
(新製品については年明けあたりにこのブログで一部情報を公開する予定です)


なんとか改善しようと思い、ボトルネックになる部分を調査したところ、
スケジュールがネックになっていることが分かりました。
やはりという感じですが・・・



そこで
チューニングを実施したところ・・・

レスポンスを約2倍も高速化することができました

私の体感ではもっと早くなった気がします。
非力なサーバでもサクサク動作します。

次期リリースはちょっとした機能追加、改修のみの予定ですが、
このスケジュールレスポンスの高速化が目玉になりそうです。

※まだデータ量が少ない方、高スペックなサーバで運用されている方には効果は薄いと思います。
※計測にはJMeterを使用しました

0 件のコメント:

コメントを投稿