2008年12月11日木曜日

V2.2.0にH2 Databaseをサーバモードで起動するクラスを入れておきました

GroupSessionはH2 Databaseを使用していますが、組込みモードで動作する様になっています。
これは速度を重視しているためです。

H2のサイトを確認していただければ圧倒的に組込みモードの方が速いことがわかると思います。

H2 Database Engine
http://www.h2database.com/



ただ開発者の方からは
「eclipseからDBに接続したい」
「別なアプリケーションからDBに接続したい」
といった要望が上がっています。



そこで・・・


V2.2.0には実験的ではありますが、H2をサーバモードで起動するクラスを入れておきました。

jp.groupsession.v2.cmn.GSH2ServerUtil
です。


使い方はまず下記のファイルをテキストエディタで開きます。
gsession2/WEB-INF/classes/Gs2Resources.properties

内容は下記の通りです。
Gs2Resources.properties
1行目: #IDbUtil=jp.groupsession.v2.cmn.GSH2ServerUtil
2行目: IDbUtil=jp.groupsession.v2.cmn.GSH2Util

これを
1行目: IDbUtil=jp.groupsession.v2.cmn.GSH2ServerUtil
2行目: #IDbUtil=jp.groupsession.v2.cmn.GSH2Util

こんな感じにしてTomcatを再起動するとサーバモードでH2が起動されます。

後は下記のURLでeclipse等のツールからアクセスできます。

jdbc:h2:tcp://192.168.1.○○○:9092/gs2db



簡単な動作確認はしていますが、運用で使ったことはありません。
(なので公式サイトの方には載せません)

動作は組込みモードに比べてやはり遅くなります。

その辺りを注意して使いたい方は使ってみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿