2009年3月3日火曜日

GroupSession WEB API + Windowsクライアント(リマインダー)

最近はあまり聞かなくなった「WEB API」(リクエストを投げるとXML形式でデータが帰ってくるというアレ)ですがGroupSessionで実装中です。

グループウェアに蓄積したデータをJavaScriptや.NETやRuby、Perl等の他の言語、他のシステムから利用できる様になります。




そしてこのWEB API を利用したWindowsクライアントがコレです。

gsblog_090303_crossride.gif


Windows常駐アプリとして動作します。

・スケジュールのリマインダー
 指定時間のN分前に通知等。

・各機能の更新通知
 掲示板、ショートメールの未読通知

・在席状況の自動更新
 Windowsへログイン、スクリーンセーバー起動、Windowsログオフのイベントで在席状況を更新。

・バージョンアップ時に自動更新
 自動更新するのでバージョンアップも手間がかかりません。


「WEB API」のサンプルとして開発を開始したのですが、
あまりにも「使える」ので有償製品として販売する予定です。


WEB型のシステムではどうしても弱い、「通知」の部分を大きく強化することができます。

価格や提供方法、リリース時期については現在検討中ですが、ご期待ください。

30歳過ぎてから物忘れがひどくなった私には、リマインダーはもう欠かせない存在になってしまいました

0 件のコメント:

コメントを投稿