2011年9月16日金曜日

英語ユーザ対応を是非

blog_110915.gif
[Version4ログイン画面]

画面イメージはVersion4のログイン画面です。(予定)
ユーザID/パスワードの上のロゴは管理者設定で会社のロゴ等に変更できるようになっています。



さて予定の進捗より遅れながらもVersion4は着々と開発を進めています。
ただ正直なところどこまで機能追加を行うかはまだはっきりとは決めていません。

社内では実装予定機能をTODOに登録していますが、全て実装すると数年かかりそうな量になっています。
また「多くの機能を追加することが良いことなのか?」という疑問もあり、なかなか悩ましい問題です。
わかりやすさ、使い勝手、重要度を考慮しながら決めていきたいと思います。


テーマとしては3つあります。


・自由度の高いポータル機能を提供したい!
・100ユーザ以上等、人数の多い環境での使い勝手の向上!
・視覚性の向上!とにかく(ユーザのみなさんが入力した)テキストを見やすくする


1. 自由度の高いポータル機能を提供したい!
大企業では普通にポータルを設置している企業が多いと思いますが、
中小企業ではほとんど見かけることがありません。
費用や工数がかかるわりに、効果が見えにくいためだと思います。
今回GroupSessionではポートレットと呼ばれる部品を作成したり、URLを設定する等して
独自のポータルを簡単に構築できるようになる予定です。
複数のポータルを作成し、タブで切り替えて表示することもできます。
どんなコンテンツを表示するかはお使いいただく企業様の自由です。
この機能も標準機能として提供するためもちろん無料でご利用いただけます。
具体的な用途として想定しているのは下記になります。
・部門ポータル(営業部ポータル、総務部ポータル、プロジェクトポータル等)を作成
・売上実績/成績の表示
・他WEBシステム、サイト等へのリンクを設置
・自社ホームページ/ブログ等をポータル内に表示
・他
2. 100ユーザ以上等、人数の多い環境での使い勝手の向上!
ここ2年の間で100~1000人規模のユーザ様が本当に増えました。
それまでは気がつきませんでしたがユーザや部門が多いと、一人のユーザを探すだけでも大変な作業になったり、
人事異動で大量の所属データを変更するのが大変だったりと、多くのご指摘を受けました。
そのため所属情報をCSVファイルにより一括変更出来る機能や、ツリー表示した組織情報から、簡単にユーザを
選択、検索できる機能等、規模の大きいユーザ様向けの機能を追加する予定です。
3. 視覚性の向上!とにかく(ユーザのみなさんが入力した)テキストを見やすくする
最近SNSやニュースサイト等、少し文字情報が見やすくなったなと感じる場面が多くありました。
じっくり観察すると背景、線、画像等はひかえめに、さりげなく設置し、ページの目的である
コンテンツ情報(多くの場合文字情報)がくっきり表示されるよう考えられています。
グループウェアでも同様で、主役となる情報は使用するユーザ様が入力した情報であり、
それが一番くっきりと表示されるべきです。
これまで頭ではわかっていましたが、開発者の「この機能をもっと使って欲しい」「知って欲しい」という思いもあり、
機能の名称や枠線、背景色等が存在感の強いデザインになっている個所があったかもしれません。
Version4では何の情報が主役なのかということを考慮し改善していきたいと思います。
Version4ご期待ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿