2014年9月24日水曜日

バージョンアップ GroupSession V4.3.0リリースしました





キタデです。


本日(2014年9月24日)約1年2ヵ月ぶりとなるGroupSessionの機能追加バージョン V4.3.0をリリースしました。
150を超える機能追加・改善を行い、これまでのバージョンアップの中で最大級のアップデート内容となっております。


今回の機能追加にあたっては大変多くの社内外の方からたくさんのご意見をいただき、じっくりと仕様検討・開発を行った成果を反映した内容となっております。


数百の改善要望リストをお送りいただいた方、お会いしてご意見を下さった方、高価なセキュリティ診断ソフトの結果を元に助言いただいた方、メール・問合せ・製品掲示板で御連絡いただいた方、今回のリリースにあたっては御協力いただいた多くの方に対して大変感謝しております。


追加・改善された機能等のリリース内容は以下URLをご確認ください。

Ver4.3.0の変更内容
http://www.gs.sjts.co.jp/v4/seihin/history_4_3_0.html


GroupSession V4.3.0のダウンロードはこちら
http://www.gs.sjts.co.jp/v4/download/index.html


本当に多くの機能追加を行いましたが、特にお伝えしたい機能について簡単に御紹介いたします。




■全体



PDF出力の対応を回覧板、掲示板へ拡大し、従来から対応していたスケジュール、施設予約も単票出力に対応しました。
紙媒体へ印刷したい場面や、PDFファイルで持ち出すことが可能です。


■WEBメール



最も多くの機能追加・改善を行ったのはWEBメールです。

誤送信防止機能や予約送信機能といったわかりやすい機能追加項目もありますが、
メールの文字化け発生率を下げるような地味ですが効果的な改善も行っております。


■ショートメール



ショートメールについてはどこかのタイミングでリプレイスが必要と考えていました。
本来「伝言メモ」の役割を考慮していましたが、バージョンアップする度に機能追加し社内専用メールの役割となりました。

そうなるとラベルによる分類、フィルタによる自動振り分けも欲しくなりこれまでのUIでは対応が難しくなったこともあり今回のリプレイスを行うことになりました。
ajax対応のUIにし快適な操作を実現しつつ、操作感は変えないことを前提に開発を行いました。

またマルチアカウント機能については、部門を代表するアカウントを作成し、部門発信での連絡を行うことや、その履歴を人事異動等があっても後任者へ残せるようにすることを想定した機能です。


■スケジュール



「出欠確認機能」を追加しました。
会議招集等の場面でご利用いただくことを想定しております。


■回覧板


回覧先のユーザが確認時にファイルを添付する機能を追加しました。
この機能によってファイルの配布、回収が容易に行えます。

発信者が様式を配布し、回覧先ユーザが記載した様式を発信者へ送付する際等に使用することを想定しています。
回収したファイルを一括でダウンロードする機能も追加されています。


■掲示板

掲示期間の開始を指定できるようになりました。
開始日になって初めて投稿内容が公開される機能です。

社内で情報公開予定日が決まっているもの等、事前登録しておき、
公開日に公開といった場面でお使いいただくことを想定しております。



■というわけで


ぜひバージョンアップしていただければと思います。

GroupSession V4.3.0のダウンロードはこちら
http://www.gs.sjts.co.jp/v4/download/index.html

1 件のコメント:

  1. ショートメールをOutlook等のメーラーで受信する機能を削除。
    を削除した理由をお聞かせ下さい。

    返信削除