2016年5月2日月曜日

企業利用ブラウザ・OSシェア IE11:55.4%、Chrome:19.9% -- PC環境調査 GroupSession biz統計 2016年4月版 --


世の中ゴールデンウィークですが、職業柄「GW」は「グループウェア」としか読めないキタデです。


毎年恒例の企業利用ブラウザ・OS調査の2016年4月版を集計したので公開します。

OSはWindows10無償アップグレードの提供期間が2016年7月28日迄なので、もう少し動くかなと思っていたのですが案外そうでもないですね。

WEBブラウザは昨年と比べるとIEのサポート切れの関係で大きな動きが見られました。





前回の調査結果



前提


サイト: GroupSession biz
期間: 2016年4月1日-4月30日
集計方法: Google Analytics
サンプル数: 訪問数 149,643、ページビュー数 275,674


1. OS



今年も企業ではWindows7一択ですね。

7月末迄無償アップグレード対象のWindows10は3.9%は企業だとあまり導入が進んでいないようです。
業務系システムのサポート対応バージョン等、いろいろ絡みがあるので無償といってもなかなかアップグレードは難しい企業も多いでしょうね。



2. WEBブラウザ



IE11の1強です。
企業利用だと頭打ちかと思っていたChromeもジワジワと2%ほどシェアを伸ばしましたが、それでも20%程度です。

昨年8月にはシェア18%だったIE8は、サポート切れで一気に3.6%まで下がりました。
EdgeはWindows10が普及してからかなといった状況でまだまだ普及していない印象です。



3. 動向


サポートの打ち切り等、しばらくはこれといって大きな動きがないので、
企業ユースでは「Windows7」「IE11」のシェアが大きなままの状況が続きそうですね。
※Vistaは来年4月に延長サポート終了ですが、現時点でのシェアを考えると影響は少なそうですね。


2017年4月11日 Windows Vista 延長サポート終了日(同時にIE9のサポート終了)
2020年1月14日 Windows 7 延長サポート終了日
2023年1月10日 Windows 8/8.1 延長サポート終了日



というわけで


今年も企業ユースでのOSは「Windows7」が圧倒的シェア
企業ユースでのWEBブラウザは「IE11」が圧倒的シェア(50%超)

情シス担当はVistaの対応が済めばしばらくはこの手の対応で仕事が大幅に増えることはなさそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿